老朽化した自転車は市の回収サービスへ。

老朽化した自転車は市の回収サービスへ。 自転車はエコな乗り物の代表的なものです。
最近は空前のサイクリングブームが置きており、流行からスポーティな自転車を買う若者もいらっしゃいます。
ただ、自転車ユーザーの多くが通勤や通学、お買い物といった実用的な目的で利用なさっています。
また老朽化した製品は途中で乗り換えなければ、実用車として使えません。
最近では新車でもリーズナブルな値段で買えますので、老朽化した製品は身近な回収サービスに預けた方が得策です。
地方自治体には、専門の回収サービスがあります。
処分費用も安く、確実に老朽化した製品が手放せますので、大掃除やお引越し前に便利です。
ただ民間業者とは違い、地方自治体の回収サービスはスケジュールの都合が付きづらい面があります。
お引越し直前で慌てて依頼を出すよりも、前々から相談しておいた方がベターです。
市役所に行く用事があった際、それとなく担当者に質問しておけば安心です。
地方自治体によって民間のように、リサイクルとエコ運動に熱心な場所があり、 そういったところであれば迅速な形で不要な自転車を回収してもらえます。
またサドルやハンドルがきちんと動作する美品の自転車であれば、 地方自治体の方でゴミではなく実用品として引き取ってくれる事もあります。

自転車の処分はきちんとしよう

いらなくなって、処分に困った自転車は駐輪場などにそのまま放置されているのを見かけることがあります。
戸建ての自宅の駐輪場ならば特に問題はありませんが、賃貸住宅やマンションなどの共用の場合ですとそうは行きません。
管理会社などの定期的な見回りで処分を促されることもあります。
だからと言って、どこかの公園や歩道橋の下とか駅やスーパーと言った公共の駐輪場に自転車を放置してはいけません。
不法投棄と認定されれば罰金や懲役刑などの厳しい行政処分を化せられることもあります。
このような処罰を受けないためにも処分は適正に行う必要があります。
もちろん、程度がよければ売却も可能でしょうが、そうでない場合には自転車を回収してくれる業者に依頼する方法があります。
回収業者の所在地にも寄りますが、基本的には無料で自宅まで来てくれて持っていってくれます。
業者によっては、タイヤが無いとかハンドルが曲がっているなどと言った著しい破損があると回収しない場合もありますので確認が必要です。
基本的に回収業者は集めた自転車を再販売します。
販売先が海外の場合なら安心ですが、国内で再販売されると防犯登録を抹消しておかないと登録上は自分の自転車になりますので、犯罪に関わった場合など警察から連絡が来ることもありますので注意が必要です。

自転車の処分についてもっと調べる

放置車の撤去にも細かく対応してくれます

»自転車 処分

自転車の処分に関する情報が満載!